HOME>特集>チェックしておきたい点

制限は完璧ではありません

久留米の土地探し、これは投資にも関わる問題で、住環境は用途地域で変わるのです。用途地域の中でも住居専用という名のついたものであれば問題なし、商業・工業地域であれば騒々しいのは認めざるを得ない問題で、マイホームは工業専用地域以外であれば建築可能です。また、大別してみれば、良好な居住環境の保護が目的、商業の利便を増進させる目的もあります。もちろん、隣近所にあまり有り難くない用途の建物が混在しないことも制限されてはいますが、完璧なものではない、この点も土地探しでは留意しておかなければなりません。

ルールを守って建てる

住宅の大きさは土地の広さによって制限を受けます。また、土地と建物は同じ大きさでは建築ができない容積率の制限があり、この数値は久留米エリアごとに定められた数値です。空間のゆったりした街にしたいエリアでは、容積率は低く抑えられています。ちなみに、この他にも建ぺい率や高さ制限もありますから、日照や通風にこだわりたいのなら、制限のルールを守る、この点も考慮しましょう。

納税の義務もある

個人でも投資目的、住宅兼オフィスとなる起業目的、また二世帯・三世帯での住まいづくりに土地から探します。取得するには様々な税金が課されるため、納税はルール・マナーです。買った時、登録した時、持っているだけでかかる税金もあるので、久留米エリアで空き家と化しているのなら、土地売却や活用することも視野に入れましょう。

街並みまで考える

また、ルール・マナーとなるのは、土地の上に建てる建物が奇抜ではないように造ることです。景観法が一例で、ハウスメーカーだけでなく、住民の責務も定められています。狭小地には多様な形成がありますが、街並みを見ればチグハグな感じを受けることになり、整備、保全、久留米エリアの調和を図りましょう。

広告募集中